Home » ダイエット » 揚げ物でも太らない食べ方

揚げ物でも太らない食べ方神奈川県で加圧トレーニングをこれから始める人が見るサイト

2015年09月10日 category : ダイエット タグ: , , ,

太らないように揚げ物を食べる、5ポイント

1.揚げ物だけでなく、他の食材と一緒に食べる

揚げ物だけを食べるのではなく、他の食材を取り入れることで、なるべく体脂肪に蓄積させないようにする。

2.脂肪の消化を助ける「酵素」を摂取する

代謝を促す働きがある「酵素」を摂ることで、脂肪の吸収を穏やかにする。

3.脂肪をエネルギーに変える「ビタミンB2」を摂取する

体に入った脂肪を代謝させてエネルギーに変えるには、ビタミンB2が有効。脂質の摂取量が多いほど必要になる。

4.揚げたてを食べる

スーパーなどで出来合いの揚げ物は、揚げてから確実に時間が経過している。揚げ油の種類によってその度合いは違うものの、油は時間の経過とともに酸化する。酸化した油は体に良くないので、できる限り自宅で作り、揚げたての物を食べるほうが良い。

5.夕食より昼食に…食べる時間帯に注意する

揚げ物を体脂肪に変えないようにするためには、お昼がベスト。起床後間もない朝食では胃腸に負担をかけるし、夕食だと活動的な日中と異なり、食後に消費するエネルギーは少ない。夜に高カロリーなものを食べると、摂取エネルギーが余り、脂肪として蓄積されやすい。

《特に夜10時以降は「太りやすい」モード》

揚げ物など、脂肪分の多い食事を早い時間帯に済ませるべき理由には人間の体内時計も関係している。夜10時頃から人間の体は太りやすい状態になる。というのは、“BMAL1(ビーマルワン)”と呼ばれるタンパク質が急増し、脂肪の吸収を促進する酵素の働きが活発になるため。

揚げ物と一緒に…脂肪をつきにくくする食べ物や栄養素

食物繊維が豊富…野菜、海藻、きのこ類

食物繊維には脂肪の吸収を抑制する働きがある。そのため、野菜、海藻、きのこなど、食物繊維豊富なものを揚げ物の副菜に加えるのがおすすめ。キャベツの千切りもおすすめ。揚げ物を食べる前に、キャベツに先に箸を付けるとなお良い。

大根おろしやレモン汁も…「酵素」を含む生の食べ物

脂肪の消化を助ける「酵素」は生の食べ物に含まれている。揚げ物とともに生野菜のサラダや漬物を食べるのももちろん良い。揚げ物に大根おろしを添えたり、レモン汁をかけるのも理に適っている。

「ビタミンB2」を多く含む、チーズなどの動物性食品やエリンギ

体に入った脂肪を代謝させてエネルギーに変える働きのある「ビタミンB2」は、肉や魚、チーズなど動物性食品、舞茸・エリンギに多く含まれる。

ちなみに、油抜きのダイエットは体によくない

脳や神経、血管形成…油不足では健康になれない

油には細胞膜の形成や、肌や髪を健康に保つ、脳や神経の機能を保つ、ホルモンの材料になる等の役割があり、不足すると血管が弱くなったり、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、Kなど)の吸収が悪くなってしまうといわれている。

「積極的に摂りたい油」と「控えたい油」がある

「油」と一括りにしてもその種類は様々で、体にどう影響するかは種類により異なりる。摂るべき量もそれぞれ異なり、積極的に摂りたい油・控えたい油がある。

摂りすぎに注意したい油とは

肉類、バター、乳製品、パーム油

これらは「飽和脂肪酸」と呼ばれる種類の油脂で、常温では固体であることが多く、酸化しにくいという特徴がある。摂り過ぎると悪玉コレステロールが増え、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病に繋がる。

コーン油、綿実油、ゴマ油など

これらの油には「リノール酸」と呼ばれる脂肪酸(「オメガ6(多価飽和脂肪酸)」に類型)が含まれ、必須脂肪酸ではあるが、現代では過多の人が多く、生活習慣病やアレルギーを悪化させるリスクがあると考えられている。

体に不要…マーガリン、ショートニング

これらに多く含まれるので「トランス脂肪酸」は植物性油脂に、水素添加することで生成される油。それらを原材料に使ったお菓子、パン、ケーキ、揚げ物などに多く含まれている。体に不要な脂肪酸であり、摂り過ぎると悪玉コレステロールを増加させ、生活習慣病のリスクを高める。



Copyright(c) 2015 神奈川県で加圧トレーニングをこれから始める人が見るサイト All Rights Reserved.