Home » ダイエット » ビールっ腹の原因はビールではない?

ビールっ腹の原因はビールではない?神奈川県で加圧トレーニングをこれから始める人が見るサイト

この時期の美味しいビールが好きな皆さんに、朗報です。a386e24b493be5ffce7f9b8cebdcd31c_s

ビールばかり飲んでいると太ってしまう、ビールはダイエットの大敵、ビールを飲むとビールっ腹になる、そんなイメージが強くあると思います。

・・・・・それは本当にビールが原因なのでしょうか?

 

ビール腹の原因はビールではない

ビールを飲みすぎると下腹に脂肪が蓄積しやすいことから、「ビールっ腹」と呼ばれますが、実はビールが原因ではなく、ビールと一緒に食べるおつまみがビールっ腹の原因になるのです。

ビールなどのアルコール類に含まれているカロリーは、”エンプティカロリー”と言って、体内に蓄積されることのないカロリーです。そのため、ビールを飲んで体内に蓄積されるカロリーは1缶350mlあたり約50kcal程度とされています。ビール自体には体内に蓄積されるカロリーは低いのです。

しかし、ビールに含まれている炭酸ガスや苦味の成分は、胃壁が刺激されることにより食欲増進につながります。ビールそのものには蓄積するカロリーが少なくても、おつまみなどの食べ過ぎで、太ってしまうことが多いということです。

カロリーの高いものをつまんでしまうのはなぜでしょう?

ビールに合うおつまみといえば、から揚げ、チーズ、フライドポテト、お好み焼き、焼き鳥、餃子、スナック菓子などのおつまみがあります。実は、これらのおつまみは全て高カロリーの食べ物です。
ビールには苦み成分があり、濃い味付けの料理や油を多大量に使う料理との相性が良いため、ビールを飲むとついつい、カロリーの高い料理に手がのびてしまいます。

ビールを飲んでも太らないようにするには?

太る原因はビールではなく、ビールに合う食べ物によってカロリーを過剰摂取していることが原因なので、食べ物に注意し、工夫すれば摂取カロリーを増えるのを抑えることができます。
枝豆や刺身、冷奴、ノンオイルドレッシングのサラダなどをおつまみにすれば、脂質が少なく低カロリーのため、太りにくくビールに合うおつまみになります。

以前のコラムでも言った通り、低カロリーのおつまみであっても、食べ過ぎてしまうと過剰摂取のため太ってしまいます。また、ビールの飲みすぎも当然、太る原因になります。
ビールはほどほどして、おつまみは低カロリーのものを適量摂取すると良いでしょう。



Copyright(c) 2015 神奈川県で加圧トレーニングをこれから始める人が見るサイト All Rights Reserved.